初めに
今回はちょっと向きを変えて学校や会社でボウリング大会が増えるこの時期に
「明日のボウリング大会でちょっとだけ目立ちたい。」
「両手投げで回転をかけてぐいっと曲げたい。」
・・・ etc
そんな方々に向けた記事となります。※マイボーラーさん向けではないです。

#最初に一言だけお話しさせてください。そのあとコツをお伝えします。
#このブログではマイボールを使った記事をメインに取り扱っており、
#ボウリングを「アミューズメント」ではなく「スポーツ」として楽しみたい方向けの記事を多数記載しております。
#もし、「えっ!ボウリングってスポーツなの?興味があるなぁ」って方は少しだけ覗いて見て頂けますと幸いです。

→→→マイボールで始める両手投げ←←←

投げ方
それでは!行きます。
まずは投げ方両手投げをする時におすすめなのは親指を抜いて中指と薬指だけ穴に入れます。
そして左手を添えます。
image


あとは投げます。
ぽいっと・・・前に。
簡単でしょ?
bowring_b01_b_03



流れ

↑↑↑ちなみに本物はこんな感じ↑↑↑

イメージとリズムが大切です。
いちにーのーーーさん!!
でもいいし。
やっきにっくだーーーいすき!!!
って心の中で唱えると投げやすい人もいます。(本当に!)

最初のうちは練習は必要かも?です。
自分なりの投球を探してみるのも楽しいですよ。

では投げ方をある程度マスターした所で、それを踏まえてコツをお伝えします。

コツ1 「コントロール重視」

最初のうちは曲げたいという気持ちが出てきます。
すると力が入ってしまいイメージ通りの曲がりも手に入らないしガーター一直線ですよ。
ボールが曲がるというのは、コントロール良くレーンに乗っかり、きれいにくるくるとボールが回転していれば自然と曲がるはずです。
レーンの真ん中くらい友達がいると思ってその人にボールを転がしてあげるイメージで投げると自然といい球が投げられると思います。慣れたら徐々にスピードを上げるといいでしょう!

コツ2 「かかとをおしぼりで拭け」

これはハウスシューズというお店備え付けの靴を履くとすごいつるつる滑る感覚がありませんか?
あれは左足を滑らせながら投げる為にわざとつるつるさせて作っています。
しかし、あのハウスシューズというのは曲者で、たくさんの人が使用しているうちに床のゴミやすり減ってしまい、元々滑るものがさらに滑ってしまいます
そこでウェットティッシュやおしぼり(使い捨て)で磨きます
すると、滑りにくくなりますのでちょうど良い滑り心地が戻ってきます。
両手投げの方は特に左足に体重が乗るので「少し滑らないなぁ」ってくらいがちょうどいいかもしれません。

濡らし過ぎるとボウリング場の床やボールを投げる場所が濡れてしまいます。ほかの方々が突っかかって大変危険です。濡らし過ぎには注意してください。

コツ3 「2種類のコースを投げ分けろ!」


ボウリングのレーンにはオイル(油、ワックス、レーン保護用潤滑油)が塗ってあります。
オイルが塗ってあるのでボールは曲がらずピンの近くまでするするっと転がって行きます。
そしてピンの手前にはあえてオイルが塗ってないのでそこから摩擦が発生し、ピンに向きを変えて転がって行きます。しかしレーンのオイルは結構お金がかかるのでボウリング場のお財布事情に合わせて薄くしたり厚くしたり結構不規則なのです。実は1日1回オイルを塗るボウリング場もあれば1日2回オイルを塗るボウリング場もあったりします。するとオイルが少ないのでボールが曲がるボウリング場とオイルが多いので曲がらないボウリング場があったりするわけですね。また、同じボウリング場でもお客が多い場合や少ない場合で状態が変わります。
そこで曲がりやすい時に投げるコースと曲がりにくい時に投げるコースが必要になるわけです。

4266147
 ↑↑↑曲がりやすい時↑↑↑

ぶっこみイメージ
↑↑↑曲がりにくい時↑↑↑

黒と赤と青はご自分が投げやすい所に投げてください。
お好みでどうぞ。
こんなイメージで投げ分けるといいと思います。

如何でしょうか。こんな感じで投げればだいたい100~150くらいはいけるはずです。
もっと点数出した方はスペアが必須になってきますが
今回の内容より難しい内容になりますので別途記事を書きたいと思います。

ありがとうございました。