両手で球を転がす人

当ブログについて
このブログでは、ボウリングの両手投げという投げ方を特集しており、自分の両手投げについてや他の人の両手投げを紹介しながら自分が不調になった時に見直しする材料になるような記事を書きたいと思います。 個人的な意見などが含まれていますので鵜呑みにせず、 何が正しいのかご自分で判断されることをお勧め致します。
問い合わせメールアドレス:vnabev@gmail.com

カテゴリ:ボウリング > 両手投げ選手を丸裸に

両手投げの選手を丸裸に、と題して
ある一個人の選手をピックアップして研究してみましょうという新コーナーです。
※若干難しい内容を書いてます。分かりにくい部分がありましたらご連絡ください。修正致します。

第1回目はアンソニー・サイモンセン選手
(別.アンソニー・シモンセン、英.Anthony Simonsen)
maxresdefault


ここ数年で急成長をとげ、PBAツアーに参加して好成績を残しているサイモンセン選手。
決勝のステージで良く見かけるようになってきました。
さて、サイモンセン選手の投げのポイントを抑えておきましょう。

右投げ右手にボールを乗せるタイプ )の両手投げ
・球速は30kmと早め
・チルトローテーションが両手投げにしては多め(15~20°前後)



1分35秒辺り

と簡単に球質をご説明させて頂きましたが投球を見ていただけると一目で分かりますがスピードがかなり早い。
けどそんなに派手ではない・・・なんでこんなにスピードが出るの?って感じですよね。

流れ

投げの流れはこんな感じです。
特徴的なのはプッシュアウェィがかなり低めな事と前傾姿勢が極端だという事。

それでは一枚ずつ解析していきたいと思います。
1

まずはアドレスから。
すこし重心が後ろ目のスタイルですね。
最近のPBAの選手には今、後ろ重心と前重心どちらのスタイルも混在していますね。
両手投げの選手に限らず重心移動を多めにする方は後ろ重心がおススメです。
前重心にすると重心移動がシンプルになります。
最後の方で投げにブレが生じたりする場合は前重心にすると落着きやすいと思います。
シモンセン選手はスピードを出す前準備として重心移動がしやすい後ろ重心で構えてるのでは?と予想しました。
2

3

プッシュアウェイ~ダウンスイング
ここでのポイントはプッシュアウェイのタイミングで持ち上げない点です。
ジェイソン・ベルモンテ選手やカイト・トゥループ選手はかなり高い位置まで持ち上げますがサイモンセン選手はそこまで高く上げないですね。
明確な理由は分かりませんが恐らく、この後のステップが強烈な分、ここで大きく反動を付けてしまうとバックスイングが引き付けられ過ぎて窮屈になるのではないかなと思います。
もう一つはこのタイミングで腰を落とす事が可能になり、その為バックスイングを上げる際にさらに大きく前傾を取る事が容易になると思います。
後述致しますが、プッシュアウェイの高さは大きな遠心力を生み、大きなスイングへと変換されていきます。しかしサイモンセン選手この力は軽視した投げ方になっており、この後のステップワークにてスピードのコントロールを行っていますのでプッシュアウェイの高さにこだわりがないのだと思います。

5

この部分がスピードコントロールをする上でかなり重要なポイントになります。
この部分というのは、ボールが落ち始めてダウンスイングが始まり、ボールと体が一番離れている部分です。この部分で体とボールがある程度離れていないとスピード感が薄れてしまいます。このボールの位置は上下に移動するだけで前後にはほとんど動きません。このボールの位置を起点にボールを体に引き付ける事によって大きな力を生んでいます。
(USBCマークが床にチラッと見えますがCの部分にボールがあります)

6

この時点でもボールの位置はほとんど移動していません。(床に書いているUSBCマークのCの部分から移動してませんね)
7

この時点でもCの部分にボールがあります。
この辺りからボールが上下に運動し始めます。
写真では上に移動し始めました。

BlogPaint

10

さて、次の重要なポイントです。
ここがバックスイングの頂点です。ここからボールは下に向かって降りていきますがこのタイミングで体をさらに下に潜り込ませます。それによりボールを下に、体で引っ張ります。
するとボールの自由落下の力と引っ張っている力が合体することにより、30km近い球であの回転が維持できるわけです。(もちろんフィジカル的な要素もありますが)
2枚目の辺りでは前に引っ張る力へ変化しています。引っ張る力はL字状に変化していくことが好ましいと私は思います。

12

13

最後のフィニッシュです。この辺りはサイモンセン選手のフィジカルの高さが際立ちます。
この体制でフィニッシュするのは体幹が強くなければかなり難しいと思われます。
フィニッシュする際は胸を張る感覚を強くすればもう少し楽な体制になりますが、少しスピードが落ちてしまうかもしれません。

さて、細かくお話しさせて頂きましたがいかがでしたか。
サイモンセン選手のすごさ、魅力、技術の高さ、フィジカルの強さなどを少しでもお伝えでき、少しでも参考になればと考えております。
今後も何名かご紹介したい選手がいますので継続して書きたいと思います。


はじめに ~今回の両手投げ選手~

さて、今回分析、投げ方を丸裸にされる方はこの方
※今回はご本人にご了承頂くことができました

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
畑 秀明君

19093038_1523014997772655_2043691577773014266_o


こちらの方。ご存じの方が多数いらっしゃるとは思いますが簡単にご説明させて頂きますと、
JBC(日本のアマチュア最高峰のボウリング団体)の大会にて好成績を収めすぎてもう首からメダルがかけられないのでは?と噂されるくらいたくさんの実績を持つ畑君。
最近では海外にも遠征してるみたいで経験も技術もこれからが期待される両手投げの選手です。

さっそく畑君の投げのポイントを抑えておきましょう
右投げ右手にボールを乗せるタイプ )の両手投げ
・今回の動画中は26.5kmくらい おそらく平均27km
・チルトローテーションは両手投げの中でふつう(0~5°前後)
・バックスイングが高い&前傾が強い

投げ方

まずは動画からご覧いただきましよう。



いかがだったでしょうか。
流れるような両手投げですね。

考察

さて、早速ですが考察してみます。

9

全体的なステップや動作の速さは先日書いたアンソニー・サイモンセン選手と似てますね。
しかし細かい部分ではかなりの差があるようですのでそういった部分を中心に考察してみたいと思います。

ポイント1 ~日本人の特性~

まず、日本人という人種の特性として骨格が違う点です。
骨格、特に骨盤の位置が日本人の場合位置が異なる場合が多いです。
畑君の場合も例外ではありません。

欧米人の骨盤は前傾していることが多いので
お尻を突き出していないにも関わらず自然な体制がお尻を突き出しているような体制に見えると思います。逆に日本人の骨格は骨盤が後傾していることが多く背骨が曲がり日本人に多い猫背になってしまいます。(絵が下手ですいません。)

無題

ではそれがボウリングにどう影響するかというと、両手投げをしている人はみなさん少なからず前傾しながら投球するかと思いますがその際に猫背のまま前傾してしまうのです。
するとボールをスイングする際にボールのスイングスピードの力(遠心力)に耐え切れず力のない投球になってしまいます。

そこで畑君の投球に戻ってみます。6

こちらの写真で確認しますと、猫背にはなっていませんね。
「骨盤を起こす」動作をしながら投球することによって背筋力を上手く活用して投げているように見えます。(骨盤を起こす・・・簡単にいうと背筋を伸ばす、その時の骨盤の状態※投球する時は背筋を伸ばす必要はありません。あくまでも骨盤を起こす動作を意識して投球ください。)

8
※猫背になっているとこの時に力が入らない。

畑君のすばらしいと思う点はこの骨盤を起こす動作をしながらもこれだけ深い前傾姿勢をしつつバックスイングをここまで引き上げる事の出来る体の柔軟性ですね。すごい。


ポイント2 ~スイングの軌道について~

先程は少し日本人という面で考察しましたので
次はもう少し畑君の投げに踏み込んで考察してみたいと思います。

 まずはスイングの軌道について。
理想とされるスイングの軌道ですが、プッシュアウェイからバックスイングのトップの位置までこれはあまりブレない方がいいと思います。PBA選手クラスになるといいのかもしれませんが・・・難易度は高いです。(理由:ターゲッティング、狙いを狂わせない為にはボールの位置はブレない方が効率がいいと思う)
そしてそれと同時に体はスイングラインを確保するために左に寄せていきます。
しかしこのままではボールが体から離れてしまいますのでバックスイングのトップの位置からは緩やかに左回り?野球のシュートボールのような弧を描いてカーブしていきます。
この緩やかなカーブが生み出すラインによって投げている人はあまり意識せずとも球が内側から出ていく印象を生み出し、また※自然な投球ラインを出せるのだと思います。
※自然な投球ライン:まっすぐな投球ラインではなく少し外に向けるような投球


1

畑君の場合はまず、レーン対して正面を向いて投げ始めます。


BlogPaint



しかし途中でボールのスイングラインを確保するために左に体を寄せます。


6

そこからアドレスのボール位置からほとんどまっすぐ引いてきて・・・


BlogPaint


そこから腰の回転と連動してシュート(野球の変化球)の軌道で投げる。

今回のポイントはアドレスの位置からまっすぐ引く。すると体からボールは離れた位置にくる。
そこから腰の回転と連動させて内側に引き付けてボール巻き込むように投球すると自然と内側からボールが出ていく印象が出る。

○○○ヒント○○○
間違ってバックスイングの時点でボールを背負う状態になってしまうと腰の回転の反動でボールが外に出ていきます。野球のスライダーやカーブの軌道になる事が多いです。または足に当てることが多いです。

・・・といった感じです。
すごい綺麗なスイングラインです。かなりの修業を積んだに違いありません。
みなさんも参考にして頂ければと思います。

○○○応用技術○○○
また、PBAのジェイソンベルモンテ選手は角度を付けての投球の際に敢えて大き目に左に斜行することによってボールを大きく内側に引き込み、この投射角度を調整しているように感じます。
さらに、ボールが体から大きく離れる為腰を回転させボールを引き付けますが、その際に引き付ける反動にてボールのローテーションも制御しているように感じられます。(腰が回転することによってボールの側面に手が入りやすい)
このレベルでは扱う事は到底難しい話ですがこのスイングラインは後々大きなメリット生み出す基礎技術と呼んでも過言ではないのではないでしょうか。


未来の日本を背負うプレイヤー ~まとめ~


畑君のほんの一部をご紹介させて頂きましたが彼が活躍しているのは基礎となる技術の上で成り立っているものだと再度感じました。基礎があり、その上に畑君のスタイルや思考などがあるのだと思います。

これから世間から大きな期待と注目を浴びる選手となる事でしょう。応援しつつ自分も負けていられないなと思いました。

最後に快く動画提供と記事にさせて頂くことを許可して頂いた畑君
ありがとうございました。



はじめに ~今回の両手投げ選手~

さて、今回分析、投げ方を丸裸にされる方はこの方
※今回もご本人にご了承頂くことができました

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

木田 大輔プロ

13151864_889119741209804_8559111620582724441_n

昨年(2017年/10月/11日)に行われたシーズントライアルにて準優勝。
また、海外での活動も行っていらっしゃるようでグローバルな方です。
タイトルも時間の問題との噂もあり、かなりの実力者です。

今回はそんな木田Pを特集させて頂きます。

投げ方



考察

先日取り上げた2名の両手投げの方よりかなり前傾姿勢が浅いように感じられます。
そういった部分も取り上げながらポイントを抑えていきたいと思います。

ポイント1 ~前傾姿勢~

前傾姿勢には色々な形があり、それを決めるのはその人の体幹の強さ、柔軟性等が考慮され一番最適な腰、骨盤の角度を決めるといいと思います。

ここでまず、前傾姿勢は深ければ深い方がいいと捉えられる事が多いのですがそれは間違いです。
前傾姿勢を無理に深くするとボールへの力が下向きに付加され、その分ロスにつながります。
では前傾姿勢を決める時にどんな方法があるでしょうか。
ここでお伝えする方法はほんの一例ですので参考程度にお考え頂ければと思います。
さて方法ですが、左足を曲げて右足を体の左側に置き、フィニッシュの姿勢を取ります。
その姿勢のまま軽く転がして見ます。レーン上でも広いスペースでも構いません。(物が壊れない環境であれば。)その際に少し先に人がいて、その人にボールを転がして渡すイメージを忘れてはいけません。そしてここからが重要です!!
ドンと音がしたり、手から離れる前に床にボールが着いたりしたら前傾の角度を調整してみましょう。
また、すこし下げれるようでしたら膝を引くする事も適度に必要です。調整してみてください。

さて、ボールの発射角度や高さを調整して頂いてボールのベクトルがピン方向に向き、ロスが少なくなったと思います。ここで木田プロの前傾姿勢の角度をご覧頂きたいと思います。

ポイントは
①ボールの発射角度や高さにロスがないか?
②体に大きな負担がありそうな角度で前傾姿勢を取っていないか?
③体の突っ込み過ぎへっぴり腰(重心が後ろ過ぎ)になっていないか?

この3つのポイントを中心に投げをチェック頂きたいと思います。
プロはどのポイントも完璧な角度だと思いませんか?

この角度は木田プロに限らず先日の畑君やPBAの上手い人たちはバッチリ決まってます。
この角度に無理があると、即怪我につながります。特に腰、膝に負担が大きいですのでしっかり考慮頂きたいと思います

ポイント2 ~投球時の目線位置について~

投球時の目線についてですが、
どんなことを気にするべきでしょうか。
色々なご意見があると思いますが、自分なりの意見を述べたいと思います。

目線はどうするべきか。それは・・・
なだらかに下げるべき」だと考えます。
複数理由がありますがここでは2つご紹介させて頂きたいと思います。
※目線を広域な意味で顔とも表現します。

顔のブレは直接ターゲッティング(目標)のブレにつながる。
顔とともに上半身が起きやすい。

①についてはイメージがしやすいかと思いますが、
例えば、輪投げをするにしても歩いて輪投げするより、止まった方が狙いやすいですよね。
相対的な要素が含まれると難しいものです。

ではその上で木田Pの投げをご覧になってみてください。
目線の位置が急激に下がったり上がったりしないです。
ターゲッティング、目標設定がブレないようにするためのコツです。

ここで疑問が出る方もいるのでは?
疑問「それなら目線を一切動かさない方が良いのでは?」
これは少し難しい問題になりますが、自分なりの意見をお伝えしますと。。。
目線を一切動かさないと前傾姿勢がほぼ取れないという事なります。
前傾を取れない事によるスピードDOWNはかなり影響大です。
すると・・・
目線を一切動かさない=コントロールUP<目線を多少動かす=スピードUP
目線を一切動かさない=コントロールUP>目線を多少動かす=スピードUP

これのどちらかを選ぶわけですが・・・
自分は
一切動かさない=コントロールUP<多少動かす=スピードUP
こっちがいいかなと思います。
皆さんも考えて皆さんなりの答えを出してみてください。

顔とともに上半身が起きやすい。
こちらはフィニッシュの時の話になりますが、
まず、上半身が起きると良いか悪いかという話になります。
これまた、自分の意見ですが良くないと考えています。
なぜならフィンガーが上を向きやすくなります。
手からボールがこぼれた直後、フィンガーはピン方向(正確にはちょっと左にズレてますが)

向いているか床を向いている事がベストですが、上半身が起きていればいるほどフィンガーは
天井に向き始めます。すると回転の軸がマイナスチルト方向に向き、ボールが噛みやすく終わりやすくなります。すると全体的にオイルを感じにくくなると思います。 

ただでさえ、回転数が多くオイルが感じにくいのにその要素を増やす必要はないと思います。

改めて木田プロの投げをご覧頂きたいと思います。上半身のベストなバランスから放たれる適切な発射角度はパワーのロスを微塵も感じさせないですね。省エネ、パワー効率完璧です!

まとめ

細かい部分ではたくさん勉強させて頂きたい所がありますが、今回特に基本的な2つをピックアップしました。木田プロには今後の進化とともに更にご紹介させて頂ければと思います。

木田プロの記事作成が遅くなってしまい、申し訳ないです。

↑このページのトップヘ