両手で球を転がす人

当ブログについて
このブログでは、ボウリングの両手投げという投げ方を特集しており、自分の両手投げについてや他の人の両手投げを紹介しながら自分が不調になった時に見直しする材料になるような記事を書きたいと思います。 個人的な意見などが含まれていますので鵜呑みにせず、 何が正しいのかご自分で判断されることをお勧め致します。
問い合わせメールアドレス:vnabev@gmail.com

カテゴリ:ボウリング > 両手投げでスピードUP

はじめに ~スピードについて~

ボールを両手で投げることは簡単ですよね。
 股開いて間からえいっ!・・・
投げれそうですよね。

しかしボウリングの両手投げはそれではだめです。
 なぜダメか・・・それはスピードが出ないからです。
この記事ではいかにスピードを出すか考えてみます。

両手投げでスピードを出す要素について。
①ステップ
②腕の張り感
③手での押し出し
④腕と体の運動連鎖(要は手遅れ)
⑤スライド 

ちょっとずつ考えてみましょう。
では①から。

①ステップ

自分のステップについて今一度分析しましょう。
歩数、ステップのスピード(タイミング)、歩幅・・・etc

それを踏まえて細かく考えます。
・歩数について
歩数で大事なことは2歩以上であることです。(2歩で投げる人はいないと思いますが・・・)
2歩以上でなければ パワーステップ※1 ができません。
1歩目&テイクバック&パワーステップ
2歩目&スライド&スローイング

これが両手投げにおいて最低限必要な要素です。
そして股の下から投げる球よりも球が速くなる要素でもあります。
この一連の動作はとても大切です。普段から2~3歩助走で練習することをおすすめします。

※1 パワーステップとは:いつものステップより小さくステップします。それによりタメができます。 

・ステップのスピード(タイミング)
今回の①ステップで一番大切なポイントです。
 5歩助走として考えると4歩目と5歩目が大切です。
タン・・・タン・・・タン・タ・ターーーンが自分のイメージですね。
・タ・ターーーンが重要な部分となります。
 スピードが遅い人はこの部分が切替が遅いです。
タン・・・タン・・・タン・・・タ・・・ターンみたいな感じになっちゃいます。
すべて同じステップに見えるのが特徴ですね 

ではどうしたらいいのかというとパワーステップ。4歩目を小さくすればいいのです。
すると4歩目はその場で軽くジャンプしているように見えるはずです。
そして4歩目が小さかった分5歩目が大きくなるはずです。  

~~~ちょっと難しい話。~~~
スピード調整はこのステップのタイミングで調整すると両手投げは安定しやすいと思います。
タイミングを短くすれば球を早く投げれる。
タイミングを長くとれば球を遅く投げれる。
上級者の方は試してみてください。

まとめ


さてステップを少し変えることによって何が変わるかというと
まず、 ③手の押し出し が変わってきます。
回りくどい言い方でしたが、①を 改良すると③が一緒に改善されるはずです。
小さなパワーステップの後にはいつも以上の大きなスライドをすることができるはずです。
この大きなスライドのおかげでボールが長く持てるようになるはずです。
押し出しす時間を長くすることがスピードアップにつながるというわけです。

 まずは、ステップの質を変えてみましょう。

次→両手投げ スピードのお話し2

はじめに

※記事の内容を修正しました。2017/07/11

スピードをアップさせたい。だけどコントロールが悪くなる。疲れる。アプローチでコケる。筋肉痛。
スピードアップ=○○○
嫌な単語ばかり想像しちゃいますよね。
大切なのは先日書いた記事にもありましたがタイミング体の使い方。
タイミングは先日書いた記事で確認してみてください。

両手投げでスピードを出す要素について。
①ステップ←済
②腕の張り感
③手での押し出し←済(①と一緒に解決)
④腕と体の運動連鎖(要は手遅れ)
⑤スライド 

今回は先日書いた記事の項番でいうと②番のお話。
腕の張り感

腕の張り感って何?

さて、そもそも腕の張り感とは何のことでしょう?
簡潔にいうと腕がピーンと張っている状態の事です。
遠くにある物を取る時の状態です。

この腕が伸びた状態があった方がコントロールもスピードUPしやすいです。

なぜ?

理由は簡単です。
腕が伸びていた方が遠心力が大きくなる事と腕を体で引っ張りやすいからです。

実際にどうやるの?


実はコツがあります。
コツ、それは・・・

力を抜く事。
肘が曲がったまま投げてしまう人はだいたい力でボールを前に運ぼうとします。
すると、腕に力が入って肘が曲がってしまいます。
そうではなく、力を抜きましよう。 
すると遠心力でボールが外側に逃げようとします。
そして!ここで力が抜けているので遠心力で腕が伸びきってしまうでしょう。
あら不思議!力を抜くだけで腕が伸びてしまいました。
※力を抜きすぎてはいけません。ボールを前に転がせる所までは保持できるだけの力は入れましょう。
ゴトンと下に落ちている音がする場合は抜き過ぎです。

まとめ

腕が張ることによってスピードUPしますが
そのコツは力を抜くことにありました。
脱力し過ぎは良くありませんが力が入っているのはもっとダメです。
力の抜き具合を調整してください。


↑このページのトップヘ